地域の子どもたちとの食事会に参加しました

2019年5月24日

今日は、プメナンベーカリーの代表として地域の子どもたちとの食事会に参加しました。

インドネシアでは、地域に個人事業~零細・小規模の事業者が任意で参加する組合があります。

プメナンベーカリーも、前身のロンボクコーヒーSAMA-SAMAの頃から北ロンボク県の組合に参加しています。

その北ロンボクの組合が、孤児や経済的に厳しい状況下の子どもたちとともに断食明けの食事をする会を開催しました。

この会は、今日から断食月の終わるまでの約2週間にわたり、北ロンボク県の全5郡でそれぞれ一度ずつ開催される予定です。

今日は5回のうちの一番最初の食事会で、プメナンベーカリーの本拠地から徒歩でいけるモスクで開催されました。

モスクといっても昨年の地震で壊れてしまったので、仮の建物です。

今日は一連の食事会の初日ということで、西ヌサトゥンガラ州の協同組合の副長がいらっしゃいました。

「地震の被害の大きかった北ロンボク県で組合員たちがこのような会が開催することを誇りに思います」と挨拶。

続いて、ザカート(喜捨)が子どもたちに手渡されました。

(↑写真左の緑色のドレスを着た人が西ヌサトゥンガラ州の協同組合の副長)

イスラム教では孤児・寡婦・貧困者を手厚く保護することが義務付けられ、その方法の一つとして、ザカート(喜捨、施し)が行われます。

特に断食月や犠牲祭など宗教的な行事のときはすすんで喜捨をします。

そうこうしているうちに、食事や飲み物が続々到着。

時間に遅れることもよくあるロンボクの人々ですが、断食明けの時刻だけは別です。

この時刻だけは時間厳守! 速やかに一人ひとりにお弁当や飲み物が配られました。

断食明けの時刻になると同時にいただきまーす!

ちゃちゃっと食べてすぐに合同礼拝(忙しい~!)
次の礼拝の時刻に備えるため、パッとゴミを片付けて慌ただしく解散しました。
 
 
私たちにとってはじめてのイベント参加で(しかも主催側の一員)、思い出に残るものになりました。
今日の食事会は、もしかしたら子ども達にとってはありふれた食事会の一つだったかもしれません。次は彼らにとっても思い出に残るような食事会が企画できたらいいなぁ。
 
なお、本会はロンボク島内外の人々の寄付によって賄われました。
サマサマセナンプロジェクト代表の岡本個人から、ロンボク島地震でいただいた寄付金を少し寄付させていただきました。寄付を施してくださった方に神のご加護があるように祈っています。
 
 
プメナンベーカリーも来年ももしこのような会があれば、自分たちの売上からいくらかでも寄付できるよう、一年間精進したいと思いました。
(みどり)

頓挫していたモリンガ茶がプロジェクトに再浮上?

2019年3月29日

今日はサマサマセナン・プロジェクトの本拠地・北ロンボク県プメナン郡で個人事業主~中小事業団体が所属する組合の会合がありました。

サマサマセナン・プロジェクトからはベーカリー事業がこの組合のメンバーです。

この会合は、本来は県単位で行われるもの。

ですが、北ロンボク県は2018年7月から8月にかけての地震で組合メンバーの住居やいつも会合に使用していた会場が崩壊、未だ不安定な状況にあるために、郡ごとに少人数で開催されることになりました。

地震以来はじめての会合ですが、男性4名女性7名が参加。

みなさん商品販売を生業にしておられ、地元の逸品を作ろうと精を出していらっしゃる方ばかりです。

会場はパン屋のヘルミさん宅。

ヘルミさんの作ったカップケーキ、マーブルバターケーキ、ピザや別の方が作っているキャッサバ芋のピリ辛チップスなどをいただきながらの会合です。

※日本のパン屋とは違い、ロンボク島のパン屋ではカップケーキなどの小さなお菓子がたくさん売られています。パンは主食としては生活に浸透しておらず、お菓子の一部としての需要が大きいためです

この組合は地方政府と協力しながら活動しており、事業を進めるうえで必要な情報の共有、商品のレベルアップのための講習や政府の認定をうけるための講座や会議(食品衛生講習、ハラル認定の申請)の開催、他の島での展示会への参加などを行っています。

今日の会合では、この一年の予定や現在の課題点などを話し合いました。

ところで、今日はなぜか私は名指しで参加要請をいただいていました。

「どうしたのだろう?」と思っていたのですが、謎がとけました。

これから他島での展示会に向けて、組合から何か商品を作ろうということになっていたのですが、水面下で私が以前試作していたモリンガ茶を作ってみる動きが出ていたそうです。

以前購入したティーバッグ(紅茶などを一人分ずつ小分けにして包んである不織布の小袋)の入手先、モリンガ茶の作り方などを尋ねられました。

商品として開発されるかはわかりませんが、何年も前にやって頓挫していたものが日の目をみるかもしれないとなると嬉しくなりました。

また、ベーカリー事業ではパンだけでなく日持ちのする商品(菓子?)を開発する必要があるなと感じました。

実はベーカリーとして事業許可を得るときに、「お菓子も作るよね?」と事業認可を管轄する役所の職員に促され、菓子製造販売の許可も一緒に得ていましたが、こんな形でつながるとは…。

私は外国人なのでこちらの流儀がわかりません。

日本との違いに戸惑うようなことも、こちらの人が勧めてきたものはよほど道から外れていない限り一旦受け入れるようにしています。

そうすると、なぜかうまいこといくのですよねぇ。

こうして組合に属し、みなさんに教えていただきながら、私も外国人ならではの視点で日本での類似商品を紹介したりしています。

どこへいってもサマサマセナン(お互いにうれしい)ですね。

お互いサマサマ幸セナン♪

 

▼今日の待ち合わせ場所、プメナン郡西プメナンの町役場前。

建物は倒壊したままだけど、人びとはとっくに起き上がってるよ

ロンボク島の繁盛パン屋へ相談へ行ってきました

2019年2月13日

先日、日本のあるパン屋へメールを送りました。

そこで修行(製パン技術よりも経営の勉強)をしたかったからです。

有難いことに、すぐにご返信いただきました。

自分の気持ちや方向性を伝えたところ「海外で開業するなら、ご当地ルールや商法、材料の違いなどがあるから現地の店で相談した方がよい(要旨)」とアドバイスをして下さいました。

私はそのパン屋の創業社長と現社長の想いに共鳴して修行を志望していたので残念な気持ちもありましたが、「それもそうだな」と思いました。

*

今日は早速、ロンボク島のパン屋へ行ってきました。

向かった先は、ロンボク島の商業的な中心地・マタラムのチャクラヌガラにあるパン屋「Mirasa」です。

私はかつてこのパン屋の近くに住んでおり、今は2号店をショッピングモール内にオープンさせるほどに繁盛しているのを知っていたからです。

ただ、オーナーが自らパンを焼くお店ではなさそうだったため、今日は行くだけ行って、次回オーナーに会うきっかけを掴めればいいなぁと考えていました。

もしもオーナーに会えたときのために聞きたいことも箇条書きにして、スムースに話せるようにインドネシア語を少々調べて行きました。

(写真) Mirasa 店内。パン、お菓子、ケーキなども販売中

結果として、オーナーにお会いすることは叶わず、これからもオーナーと話すのは難しそう(従業員も滅多に会わないらしい)でした。が、店員さん数名が忙しい中私の質問に付き合ってくれました。

パンの売れ筋は何か、どのような人が買って行くのか、卸売はしているか、どのような機械を入れているのか、このパン屋の歴史などを伺いました。

客層・売れ筋商品などは予想どおりでした。

が、私がこのパン屋の近くに住んでいた6〜7年前と内装が変わっており、当時よりはるかに多い種類のパンを売っていました。そのため、予想していたよりも大量生産化が進んでいました。

ここまで大きくするにはハードな道を歩まねばなりませんが、パンの需要はあるし、伸びているということがよくわかりました。

本当に行ってよかったと思います。

親切にいろいろな質問に答えてくださったYanti さん(写真右)はじめ店員の皆様、どうもありがとうございました。

(文責:みどり)

【ベーカリー】パン屋の名前が決まりました!

2019年2月2日

今日は中小企業協同組合の職員さんが我が家へいらしてくださいました。

中小企業といっても日本の中小企業よりはずっと小さな規模で、実質は個人事業や家族経営規模の小さな事業の事業者たちが集まっている組合です。

地震のあと、そろそろ組合の活動を再開させるにあたり、これまでの登録名簿に間違いがないかを確認しにきたそう。

話の流れで、これからパンを売っていこうと思っていると伝えました。

※このブログではまだ書いていませんが、これまではロンボク島のフレーバーコーヒーを販売していました。

これまでに作った数々のベーグルの写真を見せると、職員さんは興味深く話に乗ってくださいました。

「ところで、店の名前は何にするの?」
 
これまではコーヒーを販売していたときの LOMBOK COFFEE SAMA-SAMA で登録していましたが、パン屋なら変更したほうがいいねと言われました。
 
たしかに、そのとおりです。
本当は BAKERY&CAFE SAMA-SAMA にしたかったのですが、ロンボク島の離島にSAMA-SAMA CAFE という名のカフェがあります。
 
以前から紛らわしいよなと思っていたため、パン屋にすると同時に名前を変えることにしました。
「まだいい名前がひらめかないなぁ…」とこぼすと、職員さんは「Pemenang bakery(プメナンベーカリー)でいいんじゃない?」と即答。
 
Pemenang は、私のいる町の名前です。
「ロンボクベーカリーだとちょっと名前が大きすぎるし、似たような名前のパン屋がほかにもあるか、これからでてきそうな気がするわ」
 
Pemenang bakery かぁ。
口に出して反芻してみましたが、特に嫌な感じもこれがベスト!という感じもしませんでした。
 
でも、このタイミングでふっと発された名前なのだから、何かしら縁があるのかなぁと思いました。
「じゃ、Pemenang bakery にするわ」
 
こうしてかくもあっさりとパン屋の名前が決まりました。
 
これまでも何度も頭の中で考えたり、ノートに候補を書き留めたりしていたんですよ。
でも結局それらにはなりませんでした。
 
きっと、私たちのパン屋は何かこの名前に導かれるものがあるのだろうなと思います。
そのときにならないとわからないけれども。
 
 
昨年の被災時から復興活動を進めるにつれ、私はこの町の歴史を知りたくなりました。
町づくりをするには、そこの地理や歴史を調べるといいよと教えてもらったことがあったからです。
 
どうしてPemenang(インドネシア語で勝者の意)という町の名前がついているのかな。
村の人々に聞きましたが、知っている人はいませんでした。
 
きっと図書館にいけばわかるのでしょうね。
その図書館も今は崩壊しているのですが…。
 
個人的にですが、私は、Pemenang(勝者)というくらいだから戦か何かで勝った地域なのだろうなと見当をつけています。

村の人に仮説を伝えると、「そうだね、ここは昔、武器の保管場所だったらしいよ。ほら、集落の名前が『銃』でしょ?」と。
 
なるほど。
どうやら何かしらの戦があったっぽいな。
 
だとしたら、Pemenang Bakery は、この Kacamatan Pemenang (プメナン郡)をPemenang(勝者)の町にしていきたいな。
 
人生にはままならない出来事がおこります。震災もその一つ。
 
それらの出来事に翻弄され嘆くのではなく、武器を手に戦うのでもなく、そこから何かを掴み取って人生の糧にしていくーそして、豊かな人生を歩んでいくーそんな人生の勝者の町にしたいな。
 
たかがパン屋にそんなことができるのかって?
できますとも!
 
そんなパン屋をつくればいいだけ。かんたんなことです。
 
やっぱり、いい名前を授かったなぁ。
この名前を心に刻んで、携わった人が人生の勝者になるパン屋をつくっていきます。
 
(文責:みどり)
 

【ロンボク島でベーグル屋】おじいちゃんおばあちゃんも喜ぶベーグル? 緑豆入りのベーグルを焼きました

2019年1月17日

今日は、正午以降にイミグレ(入国管理局)の職員が家庭訪問にくると連絡があったため、家にいなければなりませんでした。

この家庭訪問は私がインドネシア国への滞在許可を得るためのものです。

こういうことがあると、私は外国人としてインドネシアに「住ませてもらっている身」なのだなぁとよくよく感じます。

そんな身分ではありますが、ロンボクの人々を外から来た者として「支援する」という気持ちでいるわけではありません。

一住民として、「自分たちの未来を一緒に切り拓いていく」「孫の孫の孫が喜ぶロンボクをつくる」という気持ちでいます。

家にいなければならないのと、停電になったのとで、ベーグルを焼くことにしました。

とにかく何度も焼いて、体で覚えていきたいので。

昨日はミルク味のを作ったんだよなぁ。

今日は別の味に挑戦しよう、何がいいかなぁ~。

そうだ、今日は前から作ってみたかった緑豆ベーグルにしよう!

 

私がイメージしている緑豆ベーグルは、緑豆を甘く煮て、それを生地に混ぜ込んでいるものです。

以前、日本でパンを習ったときに教わった、甘納豆入りのカンパーニュがおいしかったのでアレンジすることにしました。

それともう一つ。

今日は義母が我が家にいました。

義母は意外にもベーグルを喜んで食べてくれます。

その義母に何か義母の好きそうな味のベーグルを作ろうと思いました。

緑豆はこちらでは様々なお菓子によく使われています。日本の小豆あんのように甘く煮てあったり、しょっぱい系のおやつにも含まれていることもあります。

安くて煮えるのも早くて馴染みがある食材…としたら使わぬ手はないかと。

▼緑豆、2000ルピア(約15円)分購入。70g。

昼ごはんを作りながら豆を煮ます。

やわらかく茹でて、途中で加減をみながら砂糖と塩を加えます。

ゲゲー、けっこう砂糖多いんだなぁ。

昼食を食べたあと、ベーグル作り。

あとで緑豆の甘煮が入るから、生地の砂糖と塩を控えめにします。

水分は緑色の煮汁を使うことにしました。

こねこねして、さあいよいよ緑豆の混ぜ込み!

甘い緑豆投入!

ドゥワァァァー、案の定糖分で生地がベトベトになってしまいました。

ネバネバだぁぁぁ、どうなるかな〜。

でも、なんとかまとめて成形。

あきらめなくてよかったです(笑)

糖分が多いと生地がやわらかくなるため、成形やベーグルを茹でる作業のときにもいつも以上に優しく生地を扱わなければなりません。

大事に大事に扱いつつ、完成!

義母と娘が焼き立てほやほやを食べてくれました。

義母「甘くないけど、おいしいわ」

私(こ、これで甘くないのか~!)

たしかに、ドカンとした甘さはありませんが、いつものベーグルに比べるとずいぶん甘いのになぁ。

しかも、糖分が多いぶん生地がいつもよりふんわりやわらかくて、これなら義母でも十分噛み切れるはずです。

でも、「義母の好きそうな味のベーグル」より、「義母の好きそうなパン」を作った方が喜ばれそう。

甘めの蒸しパンやふかふかの菓子パンがいいんじゃないかなぁ。

こんなことを義母を見ながら考えました。

私たちが作っていくカフェ&ベーカリーは、パンをとおしてロンボクの人々とお客様をつなぐ役目を担えたらなと思っています。

若い人たちはベーグルを食べるけど、年配の方は新しいパンには手を伸ばしにくいでしょう。

それでも、自分のベーグルを買おうとしていたお客様が「そうだ、おじいちゃんおばあちゃんは蒸しパンが好きだから、彼らの分も買おう」と家族の顔を思い浮かべて買い物をしてくださったらうれしいな。

だから、ベーグル屋といいつつ、なぜか一角にあんパンや蒸しパンがあってもいいですよね。

早くもイメージ画で喜んでいる私です。

*

おまけ。結局ベーグル焼きの途中から大雨でイミグレ職員の訪問はありませんでした。

 

ベーグル屋の登録申請完了のため役所へいきました

2018年12月26日

前回、ベーグル屋の登録をしにいったのが12月5日。

このとき、「申請が受理されたらOSS(*1)からメールがきます。そのメールが届いたらまた来て」と言われていました。

(*1)OSS=Online Single Submission(事業用許認可統合電子システム)

昨日、メールが届いているのを確認したので、今日早速、投資調整庁(Dinas Penanaman Modal dan Pelayanan Terpadu Satu Pintu)へ。

いい天気!

投資調整庁の北ロンボク県事務所は我が家から16キロ先。ojek(オジェッ)と呼ばれるバイク・タクシーに乗って行きます。天気がいいのは重要!

今日はバリ・ヒンドゥー教のガルンガンという祝祭日で、バリ・ヒンドゥー教の人々が儀式に使うお香やお花のいい香りが道中のあちこちで漂っていました。

バリ島のアグン山もこれまでのベスト5に入るくらい、とてもくっきりと見えました。

バイクの上で震災の一周年記念式典のことを考えていたら、どうも曲がるべき角を通り過ぎていたようで、見知らぬところまで行ってしまいました。

「わ~やっちゃった~」と思ったけど、オジェッのおじさんがアハハハハと笑い飛ばしてくれました。あら愉快!こういう明るさがいいんですよね。

***

やっと投資調整庁事務所に到着。

職員さんに「OSSからメールがきました!」と報告すると、「じゃあIDとパスワード教えて」と。

え…。なんのこと?

「OSSからのメールにあるURLをクリックするんだよ。そうするとメールアドレスが認証されて、登録完了に必要なIDとパスワードが送られてくるから」

えええ!

ベーグル屋の事業主は夫。

登録メールアドレスも夫のメール。

ということは、夫のメールアドレスにパスワードが届くのですよね? 夫、仕事中なんですが???

「でも、それがないと登録完了しないよ?」

すぐさま夫に電話して、夫を遠隔操作。

OSSメールのURLをクリックしてもらい、さらにIDとパスワードをSMSで転送してもらいました。夫よ、忙しいところありがとう。

職員さんに政府が管理している個人事業主の登録システムにつないでいただき、完了ボタンを押したところ、何かの警告が表示されました。

「あれ、今年税金払ってないの?」と職員さん。

「はい、今年はコーヒーを売っていないから(*2)、お支払いすべき所得税はありません」

(*2) 今回のベーグル販売事業は以前作っていたコーヒー販売事業に事業内容追加として登録しています

「そうかぁ。では、税務署にいって相談してきてください。税金の支払いが終わっていないから登録がこれ以上進まないと書いてあるから」

おっと!そうなのか。よかった、今日水曜日だ!

月曜と水曜は、所得税関連の職員が州都マタラムから税務署に出張サービスがくる日なのです。

「ありがとう!じゃ!」とあわてて北ロンボク県の税務署へ。

税務署でお世話になっているUさんが私の顔をみて、すぐさま今日は出張サービスはないと教えてくれました。

「なんで?」

「ガルンガンだもん」

あ~、出張職員さんはバリヒンドゥー教徒なのかぁ。

次は新年明けの1月3日に来られるのだそう。

私の状況についてUさんに相談すると、その場合は売上なしという報告がいるとのことです。

そうか~、知りませんでした。ごめんなさい。

Uさんからは、以下のアドバイスをいただきました。

・マタラムの税務署なら何曜日でも手続き可能

・ただし、北ロンボクの税務署のほうが断然近い

・1月からは年次報告(日本の個人事業者向け確定申告のようなもの)の受付がはじまる

◎以上3点より、北ロンボクの税務署で今回の相談と年次報告とをまとめて一回で行ったほうがお金も時間もかからなくていい

たしかにそのとおり。やっぱりもつべきものは人とのつながりです。Uさん、適確な助言をありがとう、1月にきまーす!

***

家に帰り、今後の流れを整理しました。

こんなふうになりそうです。

1)1月3日に税務署へ

税金手続き(売上なしの報告)をする

2)税務関連が終わったら投資調整庁事務所を再訪。

事業登録を完了させる

3)事業登録の証明書をもって保健所へ

食品衛生検査の申請をする

4)申請許可→晴れて販売可能☆

販売開始する

以前、フレーバーコーヒー販売の際、この食品衛生検査に3カ月かかったのです。保健所からなかなか職員が検査に来なくて…。さあ、今回はどうなるかな。

たぶんまた時間かかるだろうから、その間にテスト販売を何度もしておこう。

時機がきたら動けるように準備だけしっかりして、あとはリラックスね♪

ロンボク島での事業は日本のようにテキパキ進まないけど、動くときはガーーーッと動きます。だから波をよくみて、波がきたら迷わず乗るのが大切だと思います。

今日はもう一つ、とても大事なところへ行きました。銀行です。

我が家の最寄の支店が地震で倒壊したため、皆様からいただいたご寄付は別支店(我が家から約40キロ先)で引き出して、我が家のトランク!にて保管していました。

家にみなさんのお金があるのはすごいプレッシャーなんですよ。地震後は泥棒も増えていたので、我が家も家の窓はアルミサッシで塞いでいました。

このたび、我が家から10キロほど離れたところにある支店が営業再開したと聞き、大喜びでそちらに預けに行きました。

はぁ、これで夫婦ともに「大きなお金、しかも他人様から預かっている寄付金を家で守らねばならない」という緊張から解放されました。

銀行さん、ありがとう。

夫に「お金を銀行に預けなおしたから、またサッシをはずしてくれる?」と頼みました。明日以降にはずしてくれることでしょう。日中でも暗かったから、これでやっと家も明るくなりそうです。

今日もたくさんの方々にお世話になって、おかげさまでベーグル屋開業にまた少し近づきました。

今日もお互いサマサマ幸セナン♪